住宅ローン金利について

注文住宅を新築で購入した方の多くが住宅ローンを組んでの購入となっています。では、そのローンを何にすればどこで組めば一番いいのか、その比較はまず金利がどうなっているかを必ず見ます。

金利とはお金を借りた時に、その借りている金額の対して支払うべき割合を決めたものであり、上限は法律で定められています。では、なぜ住宅ローンを組む時にその金利を重要視するのでしょうか。例としてあげさせていただければ、3,000万円の住宅ローンを30年かけて返済する契約を締結した際に金利が1%違うと総返済額では500万円以上の差が出ます。返済額で見れば年額平均で約17万円、月額で1万5千円もの差が出てしまうのです。この返済額の内訳としては、毎月元金を返済していきますので元金部分にかかる金利も毎月少しずつではあっても減少していきます。ただ、返済額の内訳を見ていけば当初は借入額3,000万円に対しての金利が計算されますので元金と金利の部分の比率を見れば、最初の内は驚くほど金利部分が占める比率が高くなっています。

また、金利が上がれば毎月の返済額も比例して高くなっていくのですが、その返済額に含まれる元金部分と金利部分を比較すれば、元金が変わらず金利だけが高くなっていますから返済額に含まれる金利部分の金額は当然のように多くなり元金部分は思うようには減っていかないのです。では、問題はローンの金利とは一般的な景気の動向等によっても大きく変わりますので、その見極めも借り入れを決定する際の重要なポイントになります。

今、最も多い考え方としては、これから先しばらくは金利はほとんど変わらないだろうという見方が大勢を占めています。現状より下がると見ている方は少なく、実際に住宅ローンを借り入れた方達の見方としても今後大きく変わる事はない、下がる可能性は背くないという見方が多くなっています。

次に、住宅ローンには大きく分けて3つの種類があります。金利の変動に合わせてローンの金利も見直す「変動金利型」、借入れ当初は一定期間を選択してその後は変動金利型となる「固定金利選択型」、金利の見直しが全くない「全期間固定金利型」になります。今後の住宅ローンの金利がどのように変動していくかの見極めもなかなか難しいのですが、誤りのないように行い、総じて変動金利の方が当初設定の金利が低いというケースもあります。少しでも支払う金利を少なくしたいのか、安定した支払いを希望されるのかでローンの種類は決めていく必要があります。

お家の見直ししま専科心の童話女性向けエステ.comオーディオアフィリエイト相互リンクマッサージのリアル口コミ.com健康マニアによる無病ライフ生命保険の口コミ.COM工務店向け集客ノウハウ童話英語上達の秘訣ショッピングカート貯蓄JALカードGetMoney